2007年10月22日

XLVC+PHOENIX



先日、灘区民ホールでのレイ○・マリアさんのコンサートで、
小型ラインアレイXLD281と
ElectroVoice新製品PHOENIX PX2181
の組み合わせにて使用しましたが、すごく良かったです。

今回の機材選定、私がプランさせて頂いたのですが、
当日、オペレーターの方からも絶賛して頂きました。






SubLowが18インチ×2本でXLD281が8インチウーファーなので、Mid-Low帯域がさびしいかなぁと思っていたのですが、全く心配なし。

きれいにつながってくれました。
プロセッサーはクラークテクニックDN9848を使用。パラメーターはX-sub用を流用して、クロスオーバーは、100Hzのままです。




XLD281は小型ながらパワフルで、ラインアレイの特性上どこで聞いても同じ音です。
コントロールもしやすいです。
現場で一度使ってみたいという業者さんいらっしゃいましたらご連絡下さい。
メーカーの回し者なので(笑)デモのご相談のりますよ。


同じカテゴリー(専門(業者向け))の記事画像
ElectroVoice PHOENIX
同じカテゴリー(専門(業者向け))の記事
 ElectroVoice PHOENIX (2007-10-10 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。